FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Web コース From Violence to Caring study programme

私事ですが、フィンランドのオウル大学の「女性・ジェンダー研究所」が提供している、インターネットが利用できれば世界中のどこからでも参加できる、From Violence to Caring study programmeという教育プログラムに現在参加中です。このプログラムは、ジェンダーに関連する暴力とその対策をグローバルな文脈で考察することを目的としています。プログラムは、すべて英語で行われます。

参加人数は約20人で国籍、年齢ともに多様です。20歳前後の一般的なフィンランド人の学生もいれば、30代後半のフィンランド人以外の社会人もいます。参加者の多くに共通するのは、留学や外国で働いた経験があるなど、国際的な志向が強いということです。ちなみに、日本人の参加者は私だけのようです。ただ性別に関しては、女性がほとんどのようです。

プログラムは、大学が管理するインターネット上のスペースを利用して進められます。具体的には、提供される動画や論文などの資料を読み、メッセージボードでの議論に参加し、コースの終わりにはレポートを提出します。与えられた課題をこなせば、後は自分の好きな時間に好きな場所で勉強できます。もちろん、これは逆に言うと、誰も厳しく管理してくれないので、自立して学習しなければならないということでもあります。また、先生やクラスメートと顔を合わせて話す楽しみがなく、完全にインターネット上だけの無機質な付き合いになるので、モチベーションが湧かないという人もいるかもしれません。

フィンランドは、新しいテクノロジーを導入して、より効率よく物事を進めようとする国だと思います。大学でも、各学生にインターネット上のワークスペースが与えられ、履修中の授業とその資料を整理したり、Web 上で議論や質問ができるようになっています。多くの大学では、教育資料などのクラウドへの移行が検討されており、効率化と経費削減が試みられています。このプログラムのような、100% Web上で完結できる授業もこれから増えていくのかもしれません。そうすれば、日本で仕事をしながら、フィンランドの大学で勉強して、自分に合った生き方ができるかもしれないなと少し期待しています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sinitiainen

Author:sinitiainen
コメントや拍手をくださる方、ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。