FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供手当の予算が大幅に削減される

厳しい財政難に直面するフィンランドで、子供手当 (lapsilisä) の予算が 7 % 削減されることになりました。この削減により、たくさんの子供を抱えた低所得層が特に打撃を受けることになりそうです。

フィンランドの子供手当は、子供の数に応じて増額されるように設計されています。次の棒グラフは、今回の予算削減が実際に個々の家庭への子供手当の支給額にどう響くかを示しています。棒グラフの青いバーは現在の 1 年分の子供手当の額、赤いバーは削減後の額を示しています。一番左は子供 1 人の場合、一番右は子供 5 人の場合を示しています。予算削減により、子供 1 人の家庭は、年間 87 ユーロのマイナスに、子供 5 人の家庭は年間 609 ユーロのマイナスになるようです。


lapsilisa.jpg
(Source: Kaleva)

これだけほとんどのフィンランド人の家計に直に影響する削減が行われると、外国人 (特に、フィンランドで無償の教育を受けている留学生や生活保護を受給している難民) に対する目も厳しくなることが想像されます。

【References】
Kaleva 2014.3.27 Lastensuojeluliitto pettyi lapsilisäleikkauksiin
関連記事
スポンサーサイト

賃貸契約の仕組みについて高校で教えてくれる

フィンランドは、法治国家です。つまり、全国民の法の前の平等が保障され、法律について学校で教えてくれます。小中学校の教科書は入手困難なので、義務教育でどのように法律について教えられているのかは私にはよく分かりませんが、高校の法律の教科書は持っています。

フィンランドの高校の法律の教科書では、結婚・離婚、雇用契約、起業など、人生で必要になりうる法律知識が取り上げられています。なかでも私が驚いたのは、賃貸契約の仕組みについて詳細に教えられていることです。貸す側と借りる側の双方の権利と義務、書面による契約、契約解除時の事前通達の必要性などについて教えられたうえで、トラブルが起きやすいケースなどのいくつかの事例をもとにクラスで話し合う課題が与えられます。著作権の問題に抵触するため写真を掲載することはできないのですが、教科書の1ページを割いて、一般的な賃貸契約書の見本が載せられています。

フィンランド人の高校生の多くは、高校卒業時に親元を離れ、賃貸住宅での生活を始めます。そのときに必要になる知識が高校できちんと教えられるというのは、当たり前と言えば当たり前のことです。ただ、日本ではどうなのでしょうか?少なくとも私は、学校で賃貸契約の仕組みについて詳細に教わった記憶はありません。大学入学時に賃貸住宅での生活を始めたのですが、礼金や敷金などについてもよく分からぬまま、「そういうものだから」ということで支払いました。解約時にも、経年劣化による損傷と故意・過失による損傷が適切に区別されているのかどうか疑問に感じながらも、「お世話になったから」ということで敷金の処理を大家さんにお任せしました。礼金という慣習については日本でも見直しが進み、最近は「礼金なし」を謳う物件も増えているようですが、実際には「契約金」と名前を変えただけだったり、地域によって礼金の慣習が根強く残っている地域と、なくなりつつある地域とがあるようです。友人の話を聞いても、賃貸契約に関して理不尽な経験をしたことがあるという人は少なくありません。もちろん、借りる側に非があるケースもあると思いますが、それも学校で仕組みがきちんと教えられていれば減らせるのではないでしょうか。

日本では、契約として公正に処理するべきことが慣習に左右され、法律について学校できちんと教えられているとも言えないのではないでしょうか。これでは、法治国家として機能しているとは言えないと思います。フィンランドでは、契約は契約としてクリアにし、人生で必要になる法律知識を学校で詳細に教えられています。これならば、教育や国に対する信頼も高くて当然だと思います。

【References】
Pauli Arola 2009 Forum 3 Kansalaisen lakitieto Uusi 2013 - 2014 (Otava)
(フォーラム 3 新しい国民の法律 2013 -2014 年)
関連記事
プロフィール

sinitiainen

Author:sinitiainen
コメントや拍手をくださる方、ありがとうございます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。